加熱式タバコっていいよね

記事詳細DETAILS

加熱式タバコはラクダよねっていう話 文:めがたつまき

更新日:2021.03.04
いっぷくコラム

加熱式タバコエッセイ

〜加熱式タバコ的アラカルト 加熱式タバコはラクダよねっていう話〜

徐々にユーザーも増えてきた加熱式タバコですが、紙タバコよりも人目を気にせず吸えて便利という趣旨ではなく、日本ではあまり人気のないタバコの銘柄について書きたいと思います。

F1、コレクター?ラクダでお馴染みのあの銘柄

ラクダと聞いてあれねとすぐに思い浮かべられる方、なかなかのタバコ通です。ラクダのタバコといえばタバコ屋さんやコンビニにもあったりなかったの『CAMEL』。日本では1990年代に販売が始まって以降、不人気のため販売中止になったり、ブレンドを変えて再販されたりと下火な銘柄ではありますが、実は海外ではボックスコレクターがいたり、F1スポンサーになるほど結構人気の銘柄なんです。

タバコのマーケティングのお話

タバコのマーケティング戦略に欠かせないのがやはりキャッチーさ。マルボロのマルボロマンがカウボーイのタバコの代名詞であるように、アメリカンスピリットのインディアンや、CAMELのラクダは競合他社との戦いの中、時代を経ても変わらないブランドアイコンとして今なお変わらず目にすることができます。
ちなみに、CAMELは主に西洋で人気があります。私見になりますが、人気の理由はおそらく地中海の向こう側の彼方にある西洋人のふるさととも言える広大な砂漠が広がるアフリカ大陸への憧憬が関係しているのではないかと思っています。
また、CAMELのパッケージに載っているラクダはコブが一つのヒトコブラクダで、とあるサーカスの人気ラクダの「オールド・ジョー」がモデルとされています。
トルコ産のタバコを売ろうとしていたCAMELの創始者リチャード・ジョシュア・レイノルズがたまたま街に興行に来ていたサーカス団の中で見かけたラクダだそうです。

立つんだオールドジョー

時を経て、世界中の人気者となったオールドジョー、紙パッケージの頃のデザインから、ボックスを経て今では加熱式タバコに至るまで、ピラミッドと一緒に載っているものや、ちょっと陽気な感じで歩いている風なものまで色々あってなかなか味わい深いすが、いずれもちゃんと左を向いているのが個人的にツボです。

まとめ

ちなみにこのCAMEL電子タバコではJTのプルームエス専用リフィルでレギュラーとメンソールが販売されています。(パッケージのオールドジョーはかなりスリムになりました。)レギュラーの味は甘目のフレーバーで好き嫌いが別れるところかもしれませんが、もしまだ試してない方はこの先いつまた販売中止になるかもしれませんので、トライするなら販売中の今かと思います。NO SOMOKE NO LIFE お読みいただきありがとうございました。

 

文:めがたつまき

ピックアップPICK UP