加熱式タバコっていいよね

Facebookで情報はこちら

記事詳細DETAILS

ムム見間違い 加熱式タバコの良いところ5選

更新日:2021.04.16
いっぷくコラム

どうもです。

先日、とある人に会ったらこんなことを言われました。

「すっかり加熱式タバコを吸うようになったよね。前は嫌がっていたのに」

ぬおっ!

そうなんです。

 

実は自分、数年前は「加熱式タバコを吸う人の気持ちが分からない」なんて言いながら紙巻きタバコを吸っていたんですよね。

だいたい紙巻きタバコに慣れていたこともあって、加熱式タバコのニオイがあまり好きではなかったし
なんとなく自分には向いていない(謎)と思っていたし。

 

それが今やグローハイパー、プルームテック、アイコスなど多数の本体を所持する加熱式タバコ大好き人間にすっかりなっているってなんだろう……。

 

こんなにも人は変われるものなんですね。
知らんけど。

そんな感じで、もはや紙巻きタバコに戻れない体になってしまいました。

今回はそんな長年紙巻きタバコを吸っていた自分が

なんと

加熱式タバコの良いところを5つあげたいと思います。

ええ、かなり個人的な意見です。
「服にニオイがつかない」とか「お店でも吸える場所がある」とか一般的なものではありません。

「形が好き」とか「ポケットに入れやすい」とか、そんな感じで独得です……。

それではどうぞ。

吸う本数が減る

いや、「一般的な意見ではない!」なんてフリをしておいて、意外と普通やないかーい。

まぁまぁまぁ。

そんなことは置いといて、紙巻きタバコを吸っていた時と比べて本数は確実に減りました。
理由は様々あると思うのですが、一番は昔のアイコスの「1本吸うと充電しなくてはいけない」というシステムに慣れてしまったこと。

今のアイコスは連続で吸えますけれど、数年前はそうではなかったですからね。

すっかりそういうペースに慣れてしまいました。

 

今では一箱を吸うのに2〜3日かかるようになりましたからね。

ちなみに思い出すのが、あの連続でタバコを吸った時の「オエ」って感じ。
喉がなんか気持ち悪くなるやつ、あるじゃないですか

加熱式タバコにして本数が減ったことで、あれがなくなったんですよね。

え? 紙巻きタバコ時代は1日どれくらい吸っていたのかって?

多くて40本……。
そりゃオエ言うわ。

吸い殻を箱に入れても匂いがない

これはかなり助かっています。
たまに車内で加熱式タバコを吸っていて、吸い殻を灰皿に入れるタイミングを逃す時があるんですよ。

そんな時、写真のように箱へ吸い殻を入れるのですが、灰皿に捨てるまでそのままにしておいてもニオイが強くない。

大昔、紙巻きタバコの吸い殻を箱に入れてズボンのポケットにしまったことがあるのですがね。

あの時は「めっちゃタバコ臭くなった」と感じたのですが、加熱式タバコならそんなことはない。

ていうか、今は灰皿のある場所でしか吸えないから!

車内で加熱式タバコを吸っている人限定の話やめて!
(むしろ箱に入れるのは自分だけ説)。

続いてはこちら。

机に本体を置ける。

いや、ビジネスホテルに宿泊した時にPCで仕事をしているのですがね。
「いつもは家の中で吸えないから」なんて思いっきり加熱式タバコを吸いながら仕事をしているのです。

その際に机にタバコを置けるのはかなり良い。

「いやいや、灰皿でも良いじゃないか」と思われるかもしれませんけどね。
ビジネスホテルの机って、わりと狭いんですよ。

飲み物とか様々置いていたら灰皿のスペースが意外とないものなのです。

そんな時、加熱式タバコだったら場所を取らないですからね。

かなり助かっています。

 

え? 机の上を整理するか、もっと大きい部屋に宿泊すれば良いじゃないかって?

正論。

4つ目はこちら。

加熱式タバコは火のトラブルが皆無

 

万が一、床に落としても「あちい! 床に火が!」みたいなことはないんです。
いや、そもそも落とすなって話ですけどね。

でも、さっきの話じゃないですけど
喫煙スペースで、両手がふさがった時にも火の心配がないから机に置けるのが加熱式タバコの好きなところ。

うん、話題戻っているし!
話の流れがもうめちゃくちゃ。

なんだか自分で「落としても火の心配がない」と挙げておいて、話の落としどころが見当たらなくなりました。

オチのない話題はこの辺で終りにしたいと思います。

さぁ、いよいよラスト。

吸い殻を捨てる時にトラブルがない

これはきっと「うんうん、そうそう」って思う方も多いと信じたいです。

そうなのです。

加熱式タバコって、灰がないので灰皿から吸い殻を捨てやすいのですよ。

例えば、自分の場合。
喫煙所は家のベランダとなっているのですがね。

そこに灰皿が置いてあって、ゴミの日に回収するのですよ。

ホントその時、灰がないから捨てやすい。
風の強い日なんて灰が飛び散ったものですが、そんな心配がないのです。

これは素直に嬉しいですよね。

ちなみに車内専用の灰皿でも同じで

うぅ、写真に撮ってみたけれど、なんか汚い……。
なんか見苦しくてごめんなさい。

とにかくこんな感じでパンパンの灰皿ですけど、灰がないからこちらも捨てやすいのです。

袋に入れる時も簡単なのがステキ。

って、んん?
2番目に挙げた「吸い殻を箱に入れてもそこまでニオイがない」で

「吸い殻を入れるタイミングがないから箱に捨てる」と書きましたけれど

この写真をみたらタイミングじゃなくて、ただ灰皿がパンパンだった説が浮上……。

ごめんなさい、すぐ捨ててきます。

文:ムム見間違い

ピックアップPICK UP