加熱式タバコっていいよね

記事詳細DETAILS

リアル調査 各デバイスごとの味わい満足度ランキングはこれだ!

更新日:2021.08.09
吸い比べ調査

みなさんは現在、どこのメーカーのどんな銘柄のたばこを吸っていますか?

 

アイコスが一躍有名になってから今まで、グローやプルーム、パルズ、

そしてリルハイブリッドと、たくさんのデバイスが発売されました。

 

それに伴い、銘柄の開発やデバイスの改良もおこなわれ、いろんな組み合わせのたばこを楽しめるようなりました。

そんな加熱式タバコのデバイスごとの味や特徴を今一度、ふり返ってみましょう。

 

IQOS(アイコス)の味を紹介

アイコスの特徴は、300℃にも達する加熱温度です。

デバイスの中では、最高加熱をほこるアイコスはキック感を求めるユーザーから人気があります。

 

加熱式タバコの火付け役であるとともに、

所持デバイスのランキングでも1位と知名度も人気もナンバーワンのデバイスと言えるでしょう。

 

IQOS(アイコス)の銘柄や味の特徴

アイコスの展開する銘柄は、「マールボロヒートスティック」です。

 

もとより紙巻たばこでも、キック感を求めるユーザーに人気だったマルボロシリーズは、加熱式タバコのヒートスティックになっても変わらずの人気っぷりです。

 

別の記事では、IQOS(アイコス)についてさらに詳しく掲載しています。

今さら聞けないIQOS(アイコス)の特徴を解説-加熱式たばこっていいよね-  

 

glo(グロー)の味を紹介

アイコスについで2番目に加熱温度が高いグローも、吸いごたえが感じられるとユーザーから人気のデバイスです。

 

ブリティッシュ・アメリカン・タバコから発売されており、

現在は無印シリーズとハイパーシリーズ合わせて4機種発売されています。

 

またブーストモードが搭載されており、1つの銘柄で2つの味わいが楽しめるようになっています。

 

glo(グロー)の銘柄や味の特徴

グローで吸える銘柄は、ケントとネオの2種類です。

 

全部で20種類の味を展開しており、そのなかでメンソールは16種類も取りそろえています。

 

さすがメンソール特化のデバイスと定評があるグローですね。

 

また噂通り、グローで発売されているメンソールは紙巻たばこ以上の吸いごたえがあると、メンソール愛用者からも人気の声があがっています。

 

別の記事では、glo(グロー)についてさらに詳しく掲載しています。

加熱式たばこ「グロー(glo)」って一体なに?基礎知識や特徴をご紹介 

 

Ploom(プルーム)の味を紹介

プルームはたばこメーカーのなかでも唯一の低温加熱のデバイスです。

 

そのため、やや喫煙感はうすいものの、臭いがすくないことから、会社員や女性からも人気があります。

また形状もペン型でコンパクトなので、持ち運びに1番適しているサイズ感といえるでしょう。

 

Ploom(プルーム)の銘柄や味の特徴

プルームはレギュラーやメンソールといった「THEたばこ」というよりも、

香りやたばこを吸う雰囲気を味わいたい方向けといえます。

 

味の多くはフルーティーなベリー系やシトラス系といった、女性が好きそうな甘めのフレーバーになっています。

ベイプだとニコチンが入っていないから、プルームを選んだという方もいます。

 

lil HYBRID(リルハイブリッド)の味を紹介

リルハイブリッドは、アイコスをつくったフィリップモリスと韓国のたばこメーカーがコンビを組んで発売した、

まさにハイブリッドなデバイスです。

 

1番の特徴として、デバイスのメンテナンスが必要ないことです。

面倒くさがりな方にぴったりなアイテムですね。

 

lil HYBRID(リルハイブリッド)の銘柄や味の特徴

リルハイブリッドの銘柄はまだ少なく、専用のミックスから3種類発売されています。

 

とくにミックスは、味が旨いという口コミを見かけますが、やや喫煙感がうすいという評価もあります。

中温度での加熱では、アイコスのようなキック感をだすのは、やはり難しいのでしょう。

 

おすすめ別のたばこ銘柄

味によっておすすめのたばこを紹介しますが、味の良しあしは、その人の好みに大きく左右されるものです。

 

そのため、あくまでも筆者の感想と、ネットでみた口コミによるものだと、参考程度に読んでいただけたらと思います。

 

キック感ナンバーワン

キック感ではアイコス一強といわれるなか、確かにアイコスのヒートレギュラーは、他と違う味わいがあります。

 

かなりスモーキーなので、軽めのたばこを吸っていた方では、むせてしまうでしょう。

それくらいの吸いごたえがあるので、キック感を求める方におすすめしたい銘柄のひとつです。

 

きつめなメンソールナンバーワン

個人的にグローで発売されている、ケントの院展スリー・フレッシュは、きついメンソールの中で1番強烈だと感じました。

 

口だけでなく喉の奥まで、しっかりひんやりする感じは、紙巻たばこのマルボロアイスブラス以来の衝撃です。

 

まとめ

今回は、各デバイスの特徴と味についてまとめてみました。

 

それぞれのデバイスの特徴にあった銘柄を展開しているので、自分の好みによってデバイスを使い分けできるのは、ユーザーにとってはありがたい話です。

 

これからもリルハイブリッドのような、たばこメーカー同士がコラボした、新型のデバイスが発表されるかもしれません。

よりおいしいたばこが発売されるのが、今から楽しみですね。

 

 

ピックアップPICK UP