加熱式タバコっていいよね

記事詳細DETAILS

加熱式タバコのフレーバー種類や味の徹底解説

更新日:2021.04.09
加熱式たばこ役立ち情報

〜glo(グロー)編〜

目次

glo(グロー)のフレーバー種類や味を徹底解説

グロー一覧
グローは電子タバコの中でも銘柄が充実しており、中にはメンソール感のある銘柄も多いことから女性を中心に高い支持を獲得しています。

しかし、種類が多すぎて何を選べば良いか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、gloのフレーバーの味について一つ一つ解説していきます。

従来の紙巻きたばこ感覚で楽しめるKENTは全9種類!

 

gloはKENTをベースに、紙巻たばこに喫感を重視したKENTシリーズと、加熱式タバコならではの風味を追求しつつ吸いごたえもあるneoシリーズの2種類があります。

KENTはシルバーの箱にフレーバーごとに異なる色の逆三角形のモチーフが特徴です。

それでは、KENTのフレーバー一つ一つを見ていきましょう。

 

#ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ

オーソドックスなタバコ感を味わいたい方から、安定した人気を誇るのが、ブライト・タバコです。とは言っても加熱式なので、通常のタバコと比べると独特の燻製のような臭いがし、好き嫌いは分かれやすい傾向にあります。

ただ、臭いがそれほど強くなく、ライトな味わいで、初心者の方におすすめのフレーバーです。

 

#ケント・ネオスティック・スムース・フレッシュ

メンソール感が強く、スッキリとした味わいのフレーバーがスムース・フレッシュ。

バニラとミントが香る甘めのフレーバーで、爽快感もあることから女性から人気です。

gloの中でも上位の売上を誇るフレーバーなので、初めて加熱式タバコを吸う方におすすめと言えるでしょう。

 

#ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ・エックス

gloで一番人気のフレーバーがケント・ネオスティック・リッチ・タバコ・エックス。

従来の紙巻たばこに近い味で、甘みや苦味などといった複雑な香りを楽しめます。

普段から紙巻たばこを吸っていて、加熱式タバコへ移行したいならこちらのフレーバーから始めてみると良いでしょう。人気のフレーバーなのでコンビニなどでも手に入れやすいです。

 

#ケント・ネオスティック・ミント・ブースト・エックス

圧倒的なメンソール感で、メンソール好きの方にはたまらないフレーバーがケント・ネオスティック・ミント・ブースト・エックス。

ミントカプセルが付いており、カプセルを潰すことでより強いメンソール感を味わえるのが特徴です。香りがしっかりしているのはもちろん、喉に来る爽快感もある加熱式タバコを探している方におすすめと言えます。

 

#ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ

KENTシリーズの中でも最もメンソール感の強いフレーバーがケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュです。

爽やかで刺激的なミントのメンソール感を鼻からも喉からもしっかり楽しめます。発売当初から人気のフレーバーということもあり、コンビニをはじめどこでも手に入れやすいです。

 

#ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ

ケント・ネオスティック/シトラス・フレッシュはその名の通りシトラスをブレンドしたフレーバー。ミントとシトラスの香りが混ざって甘く爽やかな風味になっており、苦味も抑えられているので、初めてタバコを吸う方でも吸いやすいです。

 

他のフレーバーと比べて臭いも強くないことから、お出かけ先でも吸いやすいでしょう。

 

#ケント・ネオスティック・スパーク・フレッシュ

ほんのり甘酸っぱいプラムの香りがプラスされているフレーバーがケント・ネオスティック・スパーク・フレッシュ。

甘酸っぱい中にもしっかりメンソールの突き抜ける爽快感があり、女性から高い支持を獲得しています。

 

#ケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ

ミントの香りにグレープの香りがプラスされているのがケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ。

グレープの甘く上品な香りとミントの爽快感の相性が良く、こちらも人気の高いフレーバーです。

 

#ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト

名前に「ブースト」とはいっているフレーバーはカプセルを潰せば香りが更に強くなるという仕組みがあり、ケント・ネオスティック・ベリー・ブーストも同様です。

ベリーの甘い香りにミント感をさらにプラスしており、男女問わず人気のフレーバーとなっています。

glo用に開発されたneoは全10種類!

グローneo一覧
neoは加熱式タバコだと失われがちな吸いごたえを追求したシリーズとなります。タバコ感がしっかりありつつも、フレーバーの香りも楽しめるのがgloのneoシリーズの魅力です。

neoシリーズのパッケージは「neo」という文字に、それぞれのフレーバーのイメージカラーがあしらわれているのが特徴となります。それでは、neoシリーズも詳しく見ていきましょう。

 

#ネオ・ダーク・プラス・スティック

紙巻たばこに近い吸い心地を追求したのがネオ・ダーク・プラス・スティック。

加熱式タバコだと紙巻たばこにない酸味が嫌という人も多いですが、こちらのフレーバーは酸味を抑え、タバコの葉本来の味を楽しめます。

 

#ネオ・クリーミー・プラス・スティック

タバコそのものの苦味の中にキャラメルのような甘みが足され、その名の通りクリーミーな喫感が特徴的なネオ・クリーミー・プラス・スティック。

gloの中でも数少ない甘みの強いフレーバーなので女性を中心に高い人気を誇っています。

 

#ネオ・ブースト・ミント・プラス・スティック

ミントの爽快感とタバコの苦味の相性がとても良く定番のフレーバーとなっているのがネオ・ブースト・ミント・プラス・スティック。

カプセルを潰すことでよりミントの香りが際立つようになっています。

ただ、カプセルを潰さないとあまりミント感が無いので、最初から潰して吸うのがおすすめです。

 

#ネオ・フレッシュ・プラス・スティック

強烈なミント感を楽しみたい方におすすめなのがネオ・フレッシュ・プラス・スティック。

喉にくる刺激が強く、ミントの辛味をしっかり楽しめます。ミントが強めですが、その中にもしっかりタバコの苦味もしっかり感じられるフレーバーです。

 

#ネオ・ブースト・ロイヤル・プラス・スティック

ブルーベリーのカプセルを潰して楽しむのがネオ・ブースト・ロイヤル・プラス・スティック。

ブルーベリーのフレッシュかつ爽やかさとタバコの葉の苦味がマッチしていて人気のフレーバーです。

ベリー系ではありますが、ミント系並みの爽快感があるのが特徴。

 

#ネオ・ブースト・ベリー・プラス・スティック

ベリー系の甘酸っぱさが強めなのがネオ・ブースト・ベリー・プラス・スティック。

ベリーの香りが強く、タバコ感はあまりないので、臭いもつきにくく、女性から人気のフレーバーです。タバコの味は正直そんなに好きではないという人でも最初からカプセルを潰して吸えばタバコの味を気にせず楽しめます。

 

#ネオ・ブースト・ツイスト・プラス・スティック

ライム系の香りが楽しめるフレーバーがネオ・ブースト・ツイスト・プラス・スティック。

ライム系は好き嫌いが分かれますが、人気の高いフレーバーです。

ミントとは違う、ライムならではの氷結感が楽しめるフレーバーに仕上がっています。

 

#ネオ・ブースト・トロピカル・プラス・スティック

タバコの葉の香りにトロピカルなフレーバーが加えられているのがネオ・ブースト・トロピカル・プラス・スティック。

こちらも甘みの強いフレーバーです。ベリー系と違って酸っぱさが無いので、甘めのタバコが吸いたい方におすすめのフレーバーとなっています。

 

#ネオ・ブースト・アクア・プラス・スティック

ミント系のフレーバーの中でもスペアミントを使い、ミントならではの辛さや刺激を抑えているのがネオ・ブースト・アクア・プラス・スティック。

ミントの爽快感はありつつも甘めなので、刺激が強いフレーバーが苦手な方におすすめです。

 

#ネオ・ブースト・ルビー・プラス・スティック

加熱式タバコの中でも珍しいチェリーを使っているのがネオ・ブースト・ルビー・プラス・スティック。

チェリーの甘さとスパイスの独特な辛さがマッチしていて通から人気のフレーバーです。

もっと喫感が欲しい方はhyperがおすすめ

グローハイパー一覧
従来の加熱式タバコは紙巻たばこよりも細く、あまりタバコ感を感じられないという声が出ていました。特にgloは他の銘柄よりも細く、その傾向が顕著にありました。

そこで登場したのがglo hyperシリーズ。タバコが太くなっているので本来のgloとは別の本体を用意する必要がありますが、より紙巻たばこに近い喫感が楽しめることから人気上昇中です。

ちなみに従来使われていた本体glo proとの違いはこれだけではなく、フィルター穴の口径も大きくなっています。

そのため、glo hyperでは加熱式タバコ特有の酸味が少なく、紙巻たばこに近い感覚で吸えます。それでは、hyperシリーズのラインナップを見ていきましょう。

 

#ネオ・タバコ・オーク・スティック

紙巻たばこに近いという声が多いのがネオ・タバコ・オーク・スティック。タバコを燻した独特の香りと、紙巻たばこを吸ったときの満腹感をしっかり味わいたい方におすすめのフレーバーです。

ただ加熱式タバコの難点である酸味も強いので、好き嫌いが分かれやすい傾向にあります。

 

#ネオ・テラコッタ・タバコ・スティック

メンソール系などが多いhyperの中で、数少ないレギュラー系のフレーバーがレア・テラコッタ・タバコ・スティック。タバコの葉そのものの香りと、コーヒーのような深くコクのある苦味を楽しめるフレーバーに仕上がっています。

メンソール系や甘いフルーツ系よりも、オーソドックスなタバコに近い風味を楽しみたい方におすすめです。

 

#ネオ・フレスコ・メンソール・スティック

hyperのメンソール系フレーバーの中でも、カプセルが無く、優しいミントの香り・爽快感が楽しめるのがネオ・フレスコ・メンソール・スティック。

gloのメンソール系フレーバーは刺激が強めなものが多いですが、こちらはそれほど強くないので、メンソール系特有の刺激や辛味が苦手だけれどもすっきりしたい方におすすめです。

 

#ネオ・フリーズ・メンソール・スティック

ネオ・フレスコ・・メンソール・スティックとは対照的に、メンソールならではの刺激が強めなのがネオ・フリーズ・メンソール・スティック。

メンソールの冷涼感が強く、暑い日にピッタリのフレーバーと言えるでしょう。

ただ、ブーストモードでないとあまり冷涼感がないので要注意です。

 

#ネオ・フローレセント・シトラス・スティック

ネオ・フローレセント・シトラス・スティックはカプセルタイプで、シトラスが香るフレーバーとなっています。カプセルを潰さないままだとミントの主張が強く、シトラスはほんのり香る程度ですが、カプセルを潰すとシトラスの香りが一気に強くなるのが特徴で、さっぱりとしたフルーティー感を楽しめます。

 

#ネオ・ブリリアント・ベリー・スティック

ベリー系ですが甘すぎずにさっぱりしていると好評なのがネオ・ブリリアント・ベリー・スティック。ベリーの程よい甘酸っぱさとメンソールの辛味、爽快感の相性がよく、男女問わず高い支持を獲得しています。

こちらもカプセルタイプで、カプセルを潰すか潰さないかでベリーの風味を調節できます。

 

#ネオ・トロピカル・スワール・スティック

ネオ・トロピカル・スワール・スティックは複雑なトロピカルフルーツの甘み・フレッシュ感とタバコの苦味が感じられるフレーバー。

メンソール感があまり強くなく、トロピカル系と言ってもマンゴーなど馴染みのあるフルーツに近い香りなので、甘めのタバコが好きな方におすすめです。

 

#ケント・ネオスティック・トゥルー・タバコ

ケント系のフレーバーがこれから紹介する3種類。中でもケント・ネオスティック・トゥルー・タバコはその名の通りタバコに近い喫感、味の再現に力を入れて開発されたフレーバーです。

じんわりと口の中にタバコの葉の香りが広がるのが特徴で、レギュラー系の中でも特に紙巻たばこに近いものを探しているならこちらを選ぶと良いでしょう。

 

#ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール

タバコの香りとしっかりとしたメンソール感が楽しみたい方におすすめなのが、ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール。

メンソール感がかなり強く、喉にくる辛味や強めのミントの香りが気持ち良いフレーバーです。

 

#ケント・ネオスティック・トゥルーベリー・ブースト

カプセルタイプでベリーの香りがするフレーバーがケント・ネオスティック・トゥルーベリー・ブースト。カプセルを潰さないとあまりベリーの香りがしませんが、潰すことで爽やかなベリーの香りと、タバコの葉のコクの両方が同時に楽しめます。

 

gloは種類がたくさん!色々なフレーバーを味わって自分好みのものを見つけよう!

これまで紹介したように、gloのフレーバーは計23種類とラインナップが豊富です。

フレーバーは甘い香りが楽しめるものから、紙巻たばこに近いコクのあるものまで様々。

また、カプセルを潰すことでより香りが強くなるタイプのフレーバーもあります。

 

gloはラインナップが充実しているので、沢山の種類の中から自分の好きなフレーバーを探せるのも魅力です。

様々なフレーバーを味わって、ぜひ自分好みのフレーバーを見つけてください。

 

他の記事では、gloとiqosのどちらが美味しいかの比較やgloの正しい掃除方法など様々に記事をご紹介しています。


興味がある方は、こちらへ
gloとIQOSどっちの方が美味しいの?違いを3つのジャンル別でご紹介していきます
gloたばこの正しい掃除方法について紹介|付属のブラシだけでは不十分って知ってた?

ピックアップPICK UP