加熱式タバコっていいよね

記事詳細DETAILS

加熱式タバコがより進化して登場!グローハイパープラスは何が変わったのか?

更新日:2021.05.07
加熱式たばこ役立ち情報

〜グローハイパー編〜

2020年4月に発売されて加熱式タバコ「グローハイパー」ですが、1年もしないうちに新機種が登場してびっくりしたユーザーも多いのではないでしょうか?そんな方のなかには、「旧型と何が違うの?」という疑問の声もあります。

今回の記事では、新登場したグローハイパープラスの概要と過去のデバイスとの違いについてまとめました。買い替えを検討している方は、ぜひご参考いただければと思います。

グローハイパープラスのスペックまとめ

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BAT)が開発したグローは、太めのスティックが特徴的な加熱式タバコです。加えたときの紙巻たばこに似た質感が特徴的です。

さっそくグローハイパープラスってどんなデバイスなのかみていきましょう。

デバイスの内容

グローハイパープラスのスペックは以下の通りです。
値段は980円(税込み)となっていますが、2021年4月の時点では公式サイトで480円(税込み)で購入ができます。

グローハイパープラス
値段 980円(税込み)
カラー  本体カラー:全4色
サイドパネル:全11色
加熱温度  270℃
加熱時間 通常20秒:ブースト15秒
使用時間 通常4分:ブースト3分
充電時間 約90分
連続使用回数 約20回

 

グローハイパープラスの特徴

グローハイパープラスの大きな特徴として、デバイスのカバーのカラーバリエーションの豊富さです。
購入時にパネルとボディの色を選べるので、オリジナリティが欲しい方にぴったりでしょう。最大24パターンの組み合わせをデザインできるので、好きな色を組み合わせてみましょう。

グローハイパープラスと旧型の違いとは?

一番気になるグローの変更点をまとめてみました。
この間買ったばかりで、買い替えるかを検討している方は比較してみましょう。

大きさと重さ

グローの新型と旧型の大きさを比較すると以下の通りです。

新型の重量:約111グラム

旧型の重量:約106グラム

重さの比較では、旧型のグローの方が若干軽めです。とはいえほとんど持った感じも変わらないレベルでしょう。

次に大きさはこちらです。

新型の大きさ:縦83ミリ 横46ミリ

旧型の大きさ:縦82ミリ 横43ミリ

重さと同じように新型のほうが若干大きくなっています。
総合的にみると、そこまで新型と旧型には違いないように感じられます。

加熱温度の違い

新型のグローハイパープラスにはブーストモードが搭載されています。
従来のブーストモードと比較すると吸いごたえがアップして、紙巻たばこのような満足感が得られるでしょう。

変更点として、旧型の加熱温度が260℃だったのに対して新型は270℃と10℃も上がりました。

専用スティック「neoオリジンズ」シリーズの感想

いくらデバイスの機能がよくても、たばこそのものの味が美味しくなければ意味ないですよね?
グローハイパープラスで吸えるたばこスティックのフレーバーや、実際吸った人の感想をまとめました。

スティックの種類

2021年1月に新デバイス「グローハイパープラス」と同時に、たばこスティックもリニューアルしました。過去銘柄のバージョンアップで、今までの銘柄が美味しくなって登場しています。新しいフレーバーは順次発売予定だそうです。

そんなグローで吸える銘柄は、「neoオリジンズ」といって、7種類が展開されています。

    ネオ・タバコ・オーク・スティック

    ネオ・テラコッタ・タバコ・スティック

    ネオ・フレスコ・メンソール・スティック

    ネオ・フリーズ・メンソール・スティック

    ネオ・フローレセント・シトラス・スティック

    ネオ・ブリリアント・ベリー・スティック

    ネオ・トロピカル・スワール・スティック

甘い香りやフルーティーな味のフレーバーが多いネオオリジンズシリーズは、これらの銘柄がリニューアルしてコンビニやネットで購入できます。どれも国産香料が使用されており、上質な香りを楽しめる銘柄です。

ネットの口コミや感想

実際に吸ってみた方たちのコメントをあつめてみたところ、ほとんど「喫煙感がすごい」という声でした。
とくにブーストモードで吸ってみたときの、吸いごたえが強いとのこと。

なかには喉がひりつく、むせるくらいキツイといった意見もありました。ふだんから強めのとばこを吸っている方向けかもしれませんね。

まとめ

1年もしないうちに新型が発売されたことにグルー愛用者は嬉しさと「え?もう新機種でたの?」と戸惑いもあったかもしれません。

そんな疑問を払拭するように、グローハイパープラスは喫煙者の求めるものを提供してくれます。
これからグローを購入する方にも、旧型を使用する方にもハイパープラスの購入をすすめたいくらい喫煙感が味わえるデバイスとなっています。

ピックアップPICK UP