加熱式タバコっていいよね

記事詳細DETAILS

加熱式たばこの特徴は?コンビニでの買い方・購入方法と注意点も解説

更新日:2021.10.14
加熱式たばこ役立ち情報

〜「glo(グロー)」編〜

 

加熱式たばこにはさまざまな種類が存在し、新たなフレーバーはもちろんですがデバイス本体もさまざまな種類が登場しています。

なかでも2020年から大幅な値引きに踏み切った「glo(グロー)」は、ほとんどのデバイスが1,000円以下で購入でき、破格の安さを実現しています。

今回の記事では、gloの特徴やメリット・デメリットを紹介するとともに、コンビニでgloを購入する場合の方法や注意点なども合わせて解説します。

gloとは?

出典:https://www.discoverglo.jp

 

そもそも「glo(グロー)」とはブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンが販売している加熱式たばこです。

従来の紙巻たばこは、先端部分に火をつけて喫煙しますが、加熱式たばこの場合は直接火をつけるのではなく、たばこ葉が巻かれた専用のスティックを加熱し、蒸気を吸う仕組みとなっています。

日本における加熱式たばこといえば「iQOS」が有名ですが、gloはiQOSと比べてスティックが長いことが特徴的です。
2021年10月現在、gloのデバイスは以下の4機種が販売されています。

 

①グロー・プロ・スリム

②グロー・ハイパー・プラス

③グロー・ハイパー

④グロー・プロ

 

なお、初代グローは2017年10月に全国で発売が開始されましたが、現在ではすでに販売が終了しており、上記4機種が現行モデルとなっています。

また、「グロー・ハイパー」シリーズのスティックと、「グロー・プロ」シリーズのスティックはそれぞれ異なり、グロー・ハイパーシリーズ用のほうが太くフレーバーのバリエーションも豊富です。

 

gloのメリット・デメリット

出典:https://www.shopglovelo.jp/glo/sticks

 

では、gloは紙巻たばこや他の加熱式たばこに比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。
同時に、デメリットとして挙げられるポイントについても紹介しましょう。

 

メリット

デバイスが安価

gloの最大のメリットともいえるのが、デバイス(本体)が安価であることです。
上記で紹介したデバイスは、いずれも1,000円以下で購入できるものばかりで、数千円〜1万円程度の価格帯が当たり前の加熱式たばこの世界では破格の安さといえるのではないでしょうか。

紙巻たばこや他社の加熱式たばこからの乗り換えハードルが極めて低いことはもちろんですが、万が一故障したり紛失したりした場合でも、すぐに新しい端末へ買い替えられることは重要なポイントです。

フレーバーが豊富

gloは純粋なたばこ葉の味わいが魅力のレギュラーはもちろんですが、メンソールやベリー、シトラス、トロピカルなどのフレーバーが豊富にラインナップされています。

もっとも特徴的なのは、フィルター部分にダブルのカプセルが装着されていること。

2つのカプセルを同時に潰して味わうことはもちろんですが、好みに応じて1つのカプセルを潰したりとさまざまな楽しみ方ができます。

デメリット

スティックが長い

gloとその他の加熱式たばこの決定的な違いは、スティックの形状が異なる点が挙げられます。
たとえば、iQOSと比較した場合、スティックは倍以上の長さがあり、紙巻たばこのように燃焼することもないため灰皿がすぐにいっぱいになってしまいます。

加熱式たばこ特有の味とニオイがある

たばこ葉を燃焼することなく、加熱時の蒸気を吸い込むgloは、加熱式たばこ特有の味とニオイが強く好みが分かれます。

紙巻たばこに比べて雑味が少ないと感じる方もいれば、長年紙巻たばこに慣れ親しんだ方にとっては違和感を抱くケースもあるでしょう。

ただし、このような傾向はgloに限らずiQOSなどの加熱式たばこにも同じような傾向が見られるため、gloだけのデメリットとはいえないことも事実です。

 

gloのコンビニでの買い方・購入方法は?

gloのデバイスを購入する場合には、glo公式のオンラインショップやECサイトのほか、gloストア、gloスポットなどの店舗でも購入できます。

しかし、これらの店舗は必ずしも自宅や職場の近くにあるとは限らず、わざわざ遠くまで足を運ばなければなりません。

そこでおすすめなのが、コンビニで購入する方法です。
gloはセブンイレブンやファミリーマート、ローソンといった大手コンビニチェーンで取り扱っており、在庫があればすぐに手に入れることができます。

購入方法はいたって簡単で、店員さんに「gloのデバイス(本体)をください」と伝え、通常通り会計をするだけです。

gloをコンビニで購入する際の注意点

gloはコンビニで簡単に購入できますが、いくつか注意しておかなければならない点があります。
3つのポイントに分けて紹介しましょう。

1.在庫を確認する

ほとんどのコンビニではレジの後ろまたは横などにgloが陳列されていますが、陳列スペースの確保が難しい場合などはバックヤードに保管されている場合もあります。

そのため、店頭に陳列されていなかったとしても店員さんへ在庫状況を確認することが重要です。

2.購入する商品に誤りがないか確認する

gloに限らず、加熱式たばこにはさまざまな種類が存在し、店員さんはすべてを把握しきれているとは限りません。

たとえば、「グロー・ハイパーをください」と伝えたにもかかわらず、「グロー・プロ」と取り出して会計をしてしまうケースも考えられます。

そのため、店頭在庫が見えている場合には「あの商品をください」と明確に指示するか、取り出された商品が指定した商品であるかを会計前に確認することが重要です。

3.購入後は製品登録を行う

コンビニで無事gloが購入できたら、必ずオンラインで製品登録を完了しておきましょう。

製品登録を行っておくことで、万が一破損や不具合が発生した場合でもスムーズに修理の依頼ができるようになります。

製品登録を行う際には、まずglo公式Webサイトからメンバー登録を行った後、プロフィールページから「製品登録情報」に進み「製品コード」「購入日情報」「購入場所情報」を登録します。詳細については以下のglo公式Webサイトでも紹介しているため参考にしてみてください。

https://www.discoverglo.jp/faq/products-registration/q023

 

コンビニ限定のgloはある?

 

出典:https://www.discoverglo.jp/

 

gloの魅力は本体やサイドパネルの色を自由に組み合わせることで、豊富なカラーバリエーションを実現できることです。

ベーシックなカラーはもちろんですが、期間限定・季節限定の特別なカラーが登場することも多く、人気のモデルはすぐに売り切れるほどの人気をほこります。
限定カラーのgloは公式オンラインショップまたはgloストアなどで数量限定で販売されるケースが多いですが、なかにはコンビニでしか買えないモデルも存在します。

たとえば、2021年夏にはファミリーマート限定で「グロ・ハイパー・プラス」のコンビニ限定特別色「ペンギンエディションティール」と「ペンギンエディションライトグリーン」が発売されました。

これらは7〜8月にかけて数量限定で発売されたため、在庫が残っている店舗は極めて少ないと考えられます。

 

コンビニでgloを購入するメリットはある?

gloはコンビニ以外でもさまざまな場所で購入できますが、あえてコンビニで購入するメリットとしてはどのようなポイントが挙げられるのでしょうか。

もっとも大きなメリットとしては、店舗に行けばその場ですぐに手に入れられることでしょう。

glo公式オンラインショップやECサイトの場合、自宅にいながらでも注文できる一方で商品が自宅に届くまで数日間待っていなければなりません。

しかしコンビニであれば全国津々浦々に店舗が存在し、いち早くgloを手に入れられます。

たとえば、旅行先や出張先にgloを持ってくるのを忘れてしまったときや、破損・紛失して使えなくなったときなども、近くの店舗に立ち寄ればすぐにgloを手に入れられるのはコンビニならではのメリットといえるでしょう。

 

gloを購入する際に押さえておきたい各コンビニの違い・情報

 

コンビニで販売されているgloの価格は、各社いずれも条件は同じです。そのため、どのチェーン、または店舗が特別安いといったことはなく、安心して購入できます。

しかし、コンビニによっては価格以外でわずかな違いがあることも事実です。gloを購入する場合、どのコンビニが最適なのかを見極めるために覚えておきたい違いを紹介しましょう。

セブンイレブン

コンビニ業界のトップに君臨するセブンイレブンは全国の店舗数が2万店を超え、2位のファミリーマートよりも4,000店舗以上多く出店しています。

店舗数が多いということはその分多くの顧客も抱えており、マーケットの割合も大きいのが特徴です。
そのため、過去にはセブンイレブン限定色のgloが販売されたこともありました。

また、店舗数の多さから、出張先や旅行先でも見つけやすいのもセブンイレブンの大きなメリットといえるでしょう。

ファミリーマート

業界2位に位置するファミリーマートは、全国に約1万6,000店舗を展開しています。先ほども紹介したように、2021年夏にはファミリーマート限定のモデルが登場し大きな人気を集めました。

また、不定期ではあるもののファミリーマート限定の割引キャンペーンなども実施されることがあるため、最寄りにファミリーマートの店舗がある場合には一度確認してみると良いでしょう。

ローソン

業界3位のローソンは、全国47都道府県に出店を果たしています。

特に中国地方や東北地方などにおける出店割合が高く、ロードサイド店舗も多く見られます。

過去にはローソン限定のgloが販売されたこともあるほか、不定期で割引クーポンや引換券などをプレゼントするキャンペーンも実施しています。

 

gloのフレーバーの種類

出典:https://www.shopglovelo.jp/glo/sticks/

 

gloを購入する際に注意しておきたいのが、デバイスによって対応するスティックやフレーバーの種類が異なることです。

gloのスティックには「ハイパー・プラス/ハイパー用」のものと、「プロ・スリム/プロ/その他用」のものが存在し、太さも長さも異なります。

また、それぞれのスティックには「neo」と「KENT」の銘柄も存在します。

ハイパー・プラス/ハイパー用

銘柄 名称 タイプ 価格

neo

クール・エックス・ネオ

マックス・メンソール

glo hyper用

KOOL×neoシリーズ 520円

クール・エックス・ネオ

フレッシュ・メンソール

glo hyper用

KOOL×neoシリーズ 520円

ネオ・フレスコ

メンソール・スティック

glo hyper用

メンソール 540円

ネオ・フリーズ

メンソール・ スティック

glo hyper用

メンソール 540円

ネオ・フローレセント

シトラス・スティック

glo hyper用

フレーバーメンソール 540円

ネオ・ブリリアント

ベリー・スティック

glo hyper用

フレーバーメンソール 540円

ネオ・トロピカル

スワール・スティック

glo hyper用

フレーバーメンソール 540円

ネオ・パイナップル・ベリー

ミックス・スティック

glo hyper用

ダブルカプセル 540円

ネオ・メロン・シトリック

ミックス・スティック

glo hyper用

ダブルカプセル 540円

ネオ・タバコ

オーク・スティック

glo hyper用

レギュラー 540円

ネオ・テラコッタ

タバコ・スティック

glo hyper用

レギュラー 540円

KENT

ケント・ネオスティック

トゥルー・リッチ・タバコ

glo hyper用

レギュラー 500円

ケント・ネオスティック

トゥルー・タバコ

glo hyper用

レギュラー 500円

銘柄:neo 価格:520円

名称 タイプ

クール・エックス・ネオマックス・メンソール

glo hyper用

KOOL×neoシリーズ

クール・エックス・ネオフレッシュ・メンソール

glo hyper用

KOOL×neoシリーズ

銘柄:neo 価格:540円

名称 タイプ

ネオ・フレスコメンソール・スティック

glo hyper用

メンソール

ネオ・フリーズメンソール・ スティック

glo hyper用

メンソール

ネオ・フローレセントシトラス・スティック

glo hyper用

フレーバーメンソール

ネオ・ブリリアントベリー・スティック

glo hyper用

フレーバーメンソール

ネオ・トロピカルスワール・スティック

glo hyper用

フレーバーメンソール

ネオ・パイナップル・ベリーミックス・スティック

glo hyper用

ダブルカプセル

ネオ・メロン・シトリックミックス・スティック

glo hyper用

ダブルカプセル

ネオ・タバコオーク・スティック

glo hyper用

レギュラー

ネオ・テラコッタタバコ・スティック

glo hyper用

レギュラー

銘柄:KENT 価格:500円

名称 タイプ

ケント・ネオスティックトゥルー・リッチ・タバコ

glo hyper用

レギュラー

ケント・ネオスティックトゥルー・タバコ

glo hyper用

レギュラー


プロ・スリム/プロ/その他用

銘柄 名称 タイプ 価格
neo

ネオ・ダーク・プラス・スティック・J

レギュラー 560円

ネオ・クリーミー・プラス・スティック・J

レギュラー 560円

ネオ・ブースト・ミント・プラス・スティック・J

メンソール 560円

ネオ・フレッシュ・プラス・スティック・J

メンソール 560円

ネオ・ブースト・ロイヤル・プラス・スティック・J

フレーバーメンソール 560円

ネオ・ブースト・ベリー・プラス・スティック・J

フレーバーメンソール 560円
KENT

ケント・ネオスティック

リッチ・タバコ・エックス

レギュラー 500円

ケント・ネオスティック

・ブライト・タバコ・J

レギュラー 500円

ケント・ネオスティック

ミント・ブースト・エックス

メンソール 500円

ケント・ネオスティック

・スムース・フレッシュ・J

メンソール 500円

ケント・ネオスティック

・インテンスリー・フレッシュ・J

メンソール 500円

ケント・ネオスティック

・ダーク・フレッシュ・J

フレーバーメンソール 500円

ケント・ネオスティック

・ベリー・ブースト・J

フレーバーメンソール 500円

ケント・ネオスティック

・シトラス・フレッシュ・J

フレーバーメンソール 500円

銘柄:neo 価格:560円

名称 タイプ

ネオ・ダーク・プラス・スティック・J

レギュラー

ネオ・クリーミー・プラス・スティック・J

レギュラー

ネオ・ブースト・ミント・プラス・スティック・J

メンソール

ネオ・フレッシュ・プラス・スティック・J

メンソール

ネオ・ブースト・ロイヤル・プラス・スティック・J

フレーバーメンソール

ネオ・ブースト・ベリー・プラス・スティック・J

フレーバーメンソール

銘柄:KENT 価格:500円

名称 タイプ

ケント・ネオスティックリッチ・タバコ・エックス

レギュラー

ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ・J

レギュラー

ケント・ネオスティックミント・ブースト・エックス

メンソール

ケント・ネオスティック・スムース・フレッシュ・J

メンソール

ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ・J

メンソール

ケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ・J

フレーバーメンソール

ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト・J

フレーバーメンソール

ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ・J

フレーバーメンソール

 

 

まとめ

出典:https://www.discoverglo.jp

 

gloは他の加熱式たばことは異なり、デバイスの本体が圧倒的に安く手に入れやすいことが大きなメリットといえるでしょう。
そのため、紙巻たばこや他社の加熱式たばこからの乗り換えを検討している方にとってもハードルは低いはずです。

コンビニ各社でもgloは取り扱っており、最寄りの店舗に在庫があればすぐに手に入れられます。

今回紹介した購入時の注意点を押さえたうえで、自分に合ったgloとフレーバーを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

他の記事では、glo(グロー)の初心者の方や迷っている方必見の基礎知識をまとめた記事や

glo(グロー)の製品登録についてなど様々な記事をご紹介しています。

加熱式たばこ「グロー(glo)」って一体なに?基礎知識や特徴をご紹介 

glo(グロー)の製品登録の手順やログイン方法などについて解説

 

ピックアップPICK UP