加熱式タバコっていいよね

記事詳細DETAILS

加熱式タバコのボタンの操作方法は?LEDライトの意味もモデル別に解説

更新日:2021.05.28
加熱式たばこ役立ち情報

IQOS(アイコス)編〜

 

IQOS(アイコス)を購入したは良いものの、ボタン操作の方法が分からず苦戦している方も多いのではないでしょうか。

また、本体にあるLEDランプが何を意味しているのか知っておきたい方もいると思います。

 

そこで今回は、IQOS(アイコス)を利用するうえで押さえておきたい、ボタンやLEDランプの意味について詳しく解説します。

一口にアイコスといっても、さまざまなモデルが存在するため、これまでに発売された4つのモデルごとに分けて紹介しましょう。

 

「iQOS3 DUO」のボタンとLEDライト

「iQOS3 DUO」にはチャージャーとホルダーがあり、ホルダーで1本または2本吸うごとにチャージャーで充電します。

 

ホルダーとチャージャーをそれぞれ整理しつつ、ボタンの操作方法やLEDランプの意味について解説します。

 

青いアイコス

出典:https://jp.iqos.com/support/faq/how-to-use

 

チャージャー

チャージャーの上部には電源ボタンとバッテリーライト、ホルダーステータスライトがあり、電源ボタンを4秒間長押しすることで電源がON/OFFできます。

 

ちなみに、電源が入った状態で電源ボタンを4秒間以上長押しすると、本体リセットとなり、再起動に時間を要するため注意しましょう。リセットは本体の電源が入らなくなった場合など、何らかの不具合が発生したときに実行すると正常に戻る可能性があります。

 

電源ボタンの隣にある長細いLEDがバッテリーライトで、満充電時には4つのLEDが全て点灯しています。

充電の残量が減っていくうちに3つ、2つと表示も消え、充電ケーブルを差し込んでいる最中はバッテリーライトが点滅します。

 

バッテリーライトの隣にある2つのLEDはホルダーステータスライトで、ホルダーの充電状況を表しています。

点滅時はホルダーの充電が行われており、消灯時は充電が完了したことを示します。「iQOS3 DUO」のホルダーは2本連続使用が可能なため、LEDも2つ存在します。

 

バッテリーライトおよびホルダーステータスライトは、一定時間が経過すると消灯します。

消灯時は電源ボタンを1回押すと一時的に点灯するため、充電残量を確認したいときなどは覚えておきましょう。

 

ホルダー

タバコスティックを差し込んで使用するホルダーは、本体のセンター付近にボタンが設置されています。

タバコスティックを差し込んだ状態でボタンを数秒間長押しすると、ホルダーが振動し加熱が開始されます。

その後、数十秒経過するとホルダーが2回振動し、加熱が完了したことを知らせてくれます。

 

ボタンにはLEDライトが2個存在し、2つ点灯している場合は2本連続使用が可能、1つのみ点灯時は残り1本使用できることを意味しています。

 

「iQOS3」のボタンとLEDライト

「iQOS3」は「iQOS3 DUO」とほとんど見た目は変わりませんが、ホルダーの2本連続使用には対応しておらず、1本ごとにチャージャーで充電しなければなりません。

 

そのため、LEDライトの数などに若干の違いがあります。

 

アイコス

出典:https://jp.iqos.com/support/faq/how-to-use

 

チャージャー

「iQOS3」の電源ボタンおよびバッテリーライト、ホルダーステータスライトの位置は「iQOS3 DUO」と同様です。

 

唯一異なるポイントとしては、ホルダーステータスライトの数が1個であることでしょう。

「iQOS3 DUO」は2本連続使用が可能ですが、「iQOS3」は1本ごとに充電が必要なため、ホルダーステータスライトも1個のみとなっています。

 

ホルダー

チャージャーと同様、ホルダーも「iQOS3 DUO」も形状やボタンの位置は変わりません。

ただし、ホルダーは2本連続使用ができないことから、LEDライトも2個ではなく1個のみとなっています。

 

「iQOS3 MULTI」のボタンとLEDライト

 

アイコス3マルチ

出典:https://jp.iqos.com/support/faq/how-to-use

 

「iQOS3 MULTI」は他のアイコスシリーズとは異なり、ホルダーとチャージャーが一体型となっているモデルです。

電源ボタンは本体のセンター付近にあるLED一体型となったボタンで、これを4秒間長押しすると電源のON/OFFが可能です。

 

「iQOS3 MULTI」はホルダーをチャージャーで充電するという概念がありません。

そのため、2本以上の連続使用が可能であり、本体の形状もスリムです。

バッテリーライトは本体底部の充電端子付近にあり、他のモデルと同様、4等分の表示でバッテリー残量が確認できます。

 

その他、基本的な使い方は「iQOS3 DUO」および「iQOS3」と同様です。

 

「iQOS2.4 PLUS」のボタンとLEDライト

「iQOS3」シリーズ以前のモデルが「iQOS2.4 PLUS」です。実は「iQOS2.4 PLUS」が登場する以前、初代モデルの「iQOS2.4」もありますが、操作方法やボタンの位置関係などは基本的に一緒のため、今回はまとめて紹介します。

 

iQOS2.4 PLUS

出典:https://jp.iqos.com/support/faq/how-to-use

 

チャージャー

「iQOS2.4 PLUS」のチャージャーは、上からフタの開閉ボタン、その下にホルダーステータスライトとバッテリーライト、リセットボタン、そして電源ボタンがあります。ホルダーステータスライトやバッテリーライトの形状は「iQOS3」シリーズと大幅に異なり、本体側面に設置されているため視認性は高いといえるでしょう。

 

電源ボタンを4秒長押しすると、電源がON/OFFできます。チャージャーのリセット方法は「iQOS3」シリーズとは異なり、リセットボタンと電源ボタンを同時に10秒以上長押しします。

 

すると、ホルダーステータスライトとバッテリーライトが1回点灯した後、2回点滅します。しばらく待っているとすべてのライトが点灯するため、この状態になれば正常にリセットが完了となります。

 

ホルダー

「iQOS2.4 PLUS」のホルダーは、「iQOS3」シリーズとは形状が異なっていますが基本的な使い方は同じです。

 

ちなみに、「iQOS3」シリーズはホルダーをチャージャーに収納する際の位置は気にする必要はありませんが、「iQOS2.4 PLUS」はホルダーとチャージャーのボタン位置が同じ向きで収納する必要があります。

 

位置がズレてしまうと、そもそもフタが閉まらないため注意しましょう。

 

IQOS(アイコス)の正しい使い方を把握しておこう

 

アイコスと街

 

IQOS(アイコス)はボタンも少なく、数回使用すればすぐに使い方をマスターできるはずです。

 

しかし、本体を買い換えたタイミングで操作方法が分からなくなることもあるでしょう。

 

購入したIQOS(アイコス)がどのモデルなのかを確認したうえで、今回紹介した操作方法をぜひ参考にしてみてください。

 

他の記事では、IQOS(アイコス)のLEDライトがオレンジ色、赤色に点滅したりする時の原因や対処法をご紹介しています。

IQOS(アイコス)がオレンジ色に点滅・点灯する原因は何?対処方法も解説 

iQOSのLEDランプが赤点滅の意味とは?考えられる症状と解決策を紹介 

 

 

ピックアップPICK UP