加熱式タバコっていいよね

Facebookで情報はこちら

記事詳細DETAILS

IQOS(アイコス)を吸う時に良くある事 アイコスを掃除する時の方法

更新日:2021.06.08
アイコス

IQOS(アイコス)ユーザーのなかで、デバイスの掃除が面倒くさいと思っていませんか?

この1本を吸ったら掃除しようと思うけど、実際また今度でいいやと後回しにした経験がある方は多いと思います。

 

とはいえクリーニングをしないと、いろんな不都合がでてきます。そんなアイコスのデバイスの掃除に関する知識をまとめました。

 

どうしても「掃除なんか面倒くさい」という方向けの対処方法も最後に紹介していますので、ぜひご参考ください。

 

IQOS(アイコス)の掃除をしないとどうなるの?

IQOS(アイコス)は掃除しないといけないのは分かっていても、そもそも掃除をしないとどうなるか知らない方もなかにはいると思います。

 

実はIQOS(アイコス)を吸っていて、「あれ?」と思うことのいくつかは、デバイスのメンテナンス不足によるものが大きいです。

 

どんな不具合がおきるのか、みていきましょう。

 

火傷の原因はクリーリング不足

加熱式タバコは火を使わずに、たばこスティックを加熱することにより蒸気を発生させてニコチンを吸う仕組みです。

そのためたばこ葉のカスが、デバイス内にたまったままだと、蒸気の通り道をふさいでしまいます。

 

そして吸いこんだときに一気に過熱された蒸気のかたまりがでてくるため、口内に火傷をおってしまう原因になります。

 

たばこの味わいが落ちる

IQOS(アイコス)を吸っていると、「なんだか味が変わった?」と感じることがあるのではないでしょうか?

 

それはたばこ葉のせいではなく、デバイスの掃除が行き届いていないからです。たまったカスもスティックと同じように加熱されて、蒸気になってしまいます。

 

そうすると、吸ったときの味がなんだか焦げ臭いような苦みとなる原因になります。

 

故障の原因になる

加熱式タバコは電子機器なので、掃除やメンテナンスを定期的におこなわないと、加熱温度があがらなかったり、電源がつかなくなったりと故障してしまいます。発売当初のアイコスは、数カ月で壊れたという意見も多くみられました。

 

それを受けて、最新デバイスは丈夫なつくりになっていますが、やはり定期的なメンテナンスはかかせません。

 

IQOS(アイコス)の掃除方法と頻度

次にIQOS(アイコス)の掃除方法と、クリーニングする頻度やタイミングをみてみましょう。

 

公式で推奨する方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみましょう。

 

IQOS(アイコス)のクリーニング頻度

IQOS(アイコス)はホルダー内部の底に黒っぽいカスがたまったら掃除しましょう。

目安としては、だいたい1箱ぶん吸い終わったタイミングがベストです。

 

あまり頻繁にクリーニングしても、ブレードに負荷をかけてしまうので気をつけましょう。

 

IQOS(アイコス)の掃除方法

掃除はとても簡単で、キャップをはずして溜まったカスをトントン叩いて外にだしましょう。

そのあとに綿棒を使って、内部の黒いカスや汚れをふき取るように落として終わりです。

 

オンラインストアやコンビニで、IQOS(アイコス)専用の綿棒が販売されています。

 

掃除がどうしても面倒くさい方の対処方法

やらなきゃとは思っているが、それでも掃除が面倒くさいときってありますよね?

 

掃除はしたくない、でもたばこは吸いたい、そんな方におすすめの対処方法をまとめました。

 

IQOS(アイコス)を複数台もつ

IQOS(アイコス)を2台持ちすることにより、掃除のスパンを伸ばす方法もありかもしれません。

 

万が一、故障しても2代目があると安心できるというメリットもあるので、予備として購入しておくといいでしょう。

 

メンテナンスフリーのデバイスに変える

もしデバイスにこだわりがないのであれば、メンテナンスフリーのリルハイブリッドに切り替えてみませんか?

 

リルハイブリッドはアイコスのメーカー「フィリップモリス」が発売元なので、技術面でもアイコスと同じくらい高性能です。

 

IQOS(アイコス)が1箱吸うごとに掃除が必要なのに対して、リルハイブリッドはそもそも汚れないためクリーニングがいらないデバイスとなっています。

 

IQOS(アイコス)ショップで無料クリーニングをたのむ

自分ではうまく掃除ができないという方や、一度隅々までキレイにしたいと考えている方は、IQOS(アイコス)ストアで無料でデバイスのクリーニングをしてもらいましょう。

 

掃除用のアイテムもそろえる必要がないし、デバイスをわたすだけでピカピカにしてもらえるサービスを有効につかいましょう。

 

まとめ

加熱式タバコを吸うにはデバイスが必要不可欠です。

デバイスは電子機器なので、定期的なメンテナンスや掃除が必要になるため、面倒くさいと感じる方も多いでしょう。

 

とはいえ掃除をしないと、故障の原因にもなります。どうしても面倒くさいと感じるのであれば、今回、最後でご紹介したメンテナンスフリーの「リルハイブリッド」のようなデバイスが今後でてくるのに期待しましょう。

 

 

ピックアップPICK UP