加熱式タバコっていいよね

記事詳細DETAILS

加熱式タバコの正しく美味しい吸い方を身につけよう!むせずに上手に吸うコツ

更新日:2021.11.10
その他

アイコス(iQOS)編

加熱式タバコのアイコス(iQOS)は2014年に販売を開始して以来、紙巻きタバコに代わる存在として日本国内で大きな人気を誇っています。

しかし、実際に吸ってみると美味しさを実感できない、あるいはどうしてもむせてしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

本記事ではアイコス(iQOS)の正しい吸い方を説明しつつ、そのうえで、むせずに美味しく吸うコツを紹介していきます。

 

アイコス(iQOS)を美味しく楽しむコツ

アイコス(iQOS)は、有害物質の発生を大幅に軽減しつつも、タバコらしい味わいを堪能できるのが最大の魅力です。

ただ、吸い方やアイコスの状態などによっては美味しさを感じられない場合もあるので注意が必要です。

 

そこで、この段落ではアイコスの美味しい吸い方について解説していきます。

 

1-1.そもそもアイコス(iQOS)の正しい吸い方とは?

アイコス(iQOS)は従来の紙巻きタバコとは異なり、煙を吸うわけではありません。ペースト状に加工したタバコの葉を加熱することで発生する水蒸気を吸収しているのです。

 

そのため、勢いよく立て続けに吸うと温度が下がってしまい、水蒸気が出にくくなってしまいます。

したがって、慌てずに優雅な気持ちで味わうのが正しい吸い方だと言えます。

 

一番良いのは蒸気をゆっくりと吸いこみ、一旦口の中に溜めるというやり方です。

そのうえで、蒸気の濃さを確認しながら適量の空気を混ぜて肺まで吸い込むのです。

 

そうすることで、タバコの美味しさを引き出しつつ、長時間楽しむことができるようになります。

 

1-2.アイコス(iQOS)を美味しく吸うためのコツは?

アイコス(iQOS)の美味しさを十分に感じるには正しい吸い方をするのが一番ですが、ほかにもいくつかのコツがあります。

まず、アイコス(iQOS)を使用するには本体であるスティックを加熱ブレードに挿してタバコの葉を熱しなくてはなりません。

 

しかし、その熱し方が不十分だと蒸気が出にくくなってしまうのです。そうならないためには、スティックを加熱ブレードの奥までしっかりと挿し込む必要があります。

 

使い続けていると奥まで挿し込めなくなることがありますが、それは汚れが溜まってきているからです。

 

その状態を放置していると、タバコの葉は段々温まりにくくなり、最初は美味しかった喫味がいつの間にかまずくなってしまいます。そうした事態を避けるには、こまめに掃除を行わなくてはなりません。

 

また、加熱ブレードに対してスティックをできるだけ並行にすると挿しやすくなりますし、加熱しながら挿し込むのもひとつの手です。それから、加熱終了のランプが点滅してすぐに吸うのではなく、10秒ほど待ってみましょう。

 

そうすることで、タバコの成分や水蒸気がより多く抽出され、旨味が増していきます。

 

アイコス(iQOS)故障?充電できない時の対処方法を別記事でご紹介

 

アイコス(iQOS)をむせずに吸う方法

紙巻きタバコからアイコス(iQOS)に切り替えたのにむせてうまく吸えないという場合があります。

なかには、せっかく買ったアイコス(iQOS)を自分には合わないと考えて手放してしまう人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、アイコス(iQOS)によるむせを克服することは決して不可能ではありません。

 

そこで、この段落ではむせる人の特徴を挙げたうえで、アイコス(iQOS)のむせない吸い方を紹介していきます。

 

2-1.アイコス(iQOS)でむせる人の特徴

まず、アイコス(iQOS)は独特の化学臭がするので、初心者はむせやすいという特徴があります。

 

しかし、多くの場合はすぐに慣れ、比較的短期間でむせずに吸えるようになります。ただし、喉の弱い人は話が別です。喉が弱いと飲み込む力も弱いので、水蒸気が長時間喉に留まってしまい、その結果むせてしまうのです。

 

さらに、タバコを吸う際に一気に煙を肺に入れる癖のある人もアイコス(iQOS)に切り替えると、むせる可能性が高くなります。

 

なぜなら、一気に吸うと、大量の水蒸気が入り込んで呼吸がしにくくなってしまうからです。

 

2-2.アイコス(iQOS)でむせずに吸うコツ

むせずに吸おうと思えば、まず前段落で説明した正しい吸い方をマスターすることが大切です。喉が弱い人でもゆっくりと吸う方法をマスターすれば、むせを抑えられる可能性があります。

 

特に、蒸気を肺に入れるときが重要で、深呼吸をする場合のように腹筋の力を使い、喉の力だけに頼らずに吸いこむのがコツです。

 

次に、キック感の軽いスティックに変えてみるのもひとつの手です。喉にガツンとした刺激をもたらすキック感の強いスティックのほうが紙巻きタバコの味に近くて美味しいのですが、そのぶん喉への刺激も強くてむせやすくなります。

 

同様に、メンソールの強度もむせと関係している可能性があります。したがって、むせやすい人はキック感やメンソールの強度を考慮し、自分に合ったものを選ぶのが賢明です。

 

そのほかに、蒸気の吐き出し方も見逃せないポイントです。これには個人差もあるのですが、蒸気の煙を鼻から出すと不味く感じる場合があります。

 

したがって、肺に入れた蒸気はなるべく口から出すようにしてみましょう。

 

問題点をクリアしてアイコス(iQOS)ライフを満喫しよう!

アイコス(iQOS)はタバコとは異なる点が多いため、美味しく感じられなかったり、むせたりすることは決して珍しくありません。

 

しかし、アイコス(iQOS)に慣れ、問題点を一つひとつクリアしていくことで次第に美味しさがわかってくるようになります。

 

まずはアイコス(iQOS)の正しい吸い方を覚え、その上で自分に合ったスティックを探すところから初めてみてはいかがでしょうか。

 

IQOS(アイコス)を掃除する最適な頻度やタイミングなどをご紹介 

ピックアップPICK UP